設立からの流れ
平成12年(2000年)3月
城山観光陸上部休部
5月
太田、SCC設立をネット上で宣言 会員募集
6月
太田、鹿児島県マスターズ陸上競技大会でチラシを配布
7月
SCC設立→活動開始(会員3名)
平成13年1月
NPO法人申請準備
2月
NPO法人SCC設立総会開催
5月
鹿児島県よりSCCが特定非営利活動(NPO)法人認証
 *日本陸上クラブ初、鹿児島県内スポーツ団体初
11月
福祉NPO隣の会主催「福祉1日レクレーション」イベントを共催
4月
「第1回 50mダッシュ王選手権」開催(105名が参加)
平成14年7月
会員100名
8月
第1回「夏休み小中学生かけっこ教室」開催
10月
「いぶすき菜の花マラソン挑戦講座」開催-第1期生募集-
10月
スポーツ振興くじ助成金交付決定(スポーツ活動推進事業)
12月
スポーツシンポジウム2002「新しいスポーツのかたち」主催
平成15年5月
こどもの日県スポーツ施設無料開放
 「陸上競技5種目チャレンジ教室」開催(県体育センター事業)
5月
「からだリフレッシュ教室」スタート
5月
「障害者陸上競技普及・育成事業」スタート
  (社会福祉・医療事業団助成事業)
7月
第2回「夏休み小中学生かけっこ塾」開催
  (笹川スポーツ財団(SSF)助成)
11月
会員200名
平成16年5月
全日本マスターズ陸上競技選手権鹿児島大会事務局受託
5月
こどもの居場所作り推進事業
  「わくわく元気こども塾」スタート(文部科学省委託事業)
平成17年2月
クラブハウス事務局を(鹿児島市下伊敷)に移転
5月
総合型スポーツクラブ創設事業スタート
   (日本体育協会委託)
5月
錦江湾横断遠泳事務局受託
10月
スロートレニング&リラックスストレッチ教室スタート(多種目化へ)
10月
ジュニア陸上競技スクールスタート(中山地区)
10月
会員300名
平成18年4月
ジュニア陸上競技スクールスタート(伊敷地区)
5月
総合型地域SC設立を総会にて宣言
5月
チャレンジデー(笹川スポーツ財団委託)参加
平成19年2月
かごしま市マスターズ駅伝(鹿児島市委託)
3月
SCC号(ハイゼット)購入
平成20年10月
サッカークラブスタート
11月
健康づくり指導者育成研修会(鹿児島県委託)
平成21年4月
スポーツ振興くじ助成(総合型地域SC活動助成)交付決定
12月
会員400名
平成22年7月
設立10周年
7月
甲突川ランニング倶楽部スタート
9月
会員500名
12月
中山ランニング倶楽部スタート

平成23年5月

基金訓練「スポーツ指導者実践科」(雇用能力開発機構委託)

9月

拠点クラブ(文部科学省スポーツコミュニティ形成促進事業委託)
10月
鹿児島市より「社会体育優良団体表彰」
10月
会員600名
平成24年4月

理事長太田が鹿児島市スポーツ推進審議会委員就任
鹿児島市スポーツ推進計画の策定に携わる

平成25年4月
地域スポーツクラブ運営活性化事業(鹿児島市委託事業)
10月
理事長太田が「文部科学省生涯スポーツ功労者」表彰
10月
会員700名
平成26年5月
エリアネットワーク構築に関する実践研究(文部科学省委託事業)
10月
スポーツリーダースキルアップ事業(鹿児島市委託事業)
平成27年4月
県内の児童生徒の体力向上に取り組む総合組織「鹿児島体力コンソーシアム」が立ち上がり、幹事団体になる
平成27年5月
県内の総合型地域スポーツクラブの集合体である「鹿児島県コミュニティスポーツクラブ連絡協議会」の会長に理事長の太田が就任
平成28年4月
県より、第75回国民体育大会に向けた競技力向上対策事業「強化指定クラブ」に指定
平成28年8月
リオ五輪陸上競技女子5000mに上原美幸選手(第一生命)が出場、決勝進出。SCC出身初のオリンピック選手誕生!
平成28年12月
会員800名

<<<TOPPAGE